認知症グループホーム

特徴
一人ひとりが個室を持って、お気に入りの家具や思い出の品々を身の回りに置いて暮らすことで気兼ねのない家庭的な雰囲気の中で精神的に安定した時間を過ごすことができます。
共同生活を営むことでそれぞれの役割分担を果たすことができるため、生き甲斐が実感でき、生きる喜びがわいてきます。
小規模な住空間であるため、職員も入所者様一人ひとりの個性やニーズに合わせて、柔軟な対応をとることができます。
健康面では日々のバイタルチェックなど細やかな配慮を心がけています。
富山城南温泉病院との連携で、緊急の際も迅速に対応できます。
サービス詳細
サービス例
ケアプラン
介護支援専門員・介護計画作成担当者が、自立支援を目的に、円滑な日常生活を送って頂ける様、認知症対応型共同生活介護計画を作成しています。
お食事
野菜切り・味付け・盛り付け・配膳・後片付けなど、職員と一緒にその方の持っておられる能力を発揮して頂く場面作りをお手伝いしています。
入浴
一般浴にて、個々の能力に応じて対応し、少しでも自力で洗えるよう支援に努めています。
介護サービス
介護全般・身の回りのお世話(薬・金銭の管理など)・認知症進行への防止対策など。
口腔ケアは1日3回、食べたら磨くを実践、認知症の予防にと続けています。
生活機能訓練
掃除・散歩・体操など、生活のリズムを大切に生活動作能力の維持・向上を図ります。
相談及び援助
家族様や病院との連携、入退所時の他施設との連絡等のサポートを行います。
主な1日の流れ
6:00
おはようございます。
更衣などを支援いたします。
7:30
朝食: 副菜・味噌汁の盛り付けを職員の見守りの中で支援いたします。
9:00
自室やホールの掃除を入所者様・職員が共同でいたします。
10:00
おやつの時間: コーヒーや牛乳を頂きながら一休み。
健康チェック(体調・排便の確認・体温・血圧など)
11:30
昼食の準備を全員で行っていきます。
12:00
管理栄養士による献立でバランスの取れた食事を楽しんでいただきます。
14:00
レクリエーション: 入所者様のリクエストに応じ、多様に行い楽しんで頂いています。
15:00
お茶タイム: 手作りのお菓子や飲み物で一休み
16:00
入所者様のリクエストに応じレクリエーション。トランプ・ぬりえ・刺し子など。
17:30
夕食の準備: 盛り付け・配膳・配茶
18:00
夕食: 下膳・食器洗い・後始末など
18:40
歯磨き
20:00
日常着からパジャマへ
21:00
就寝: おやすみなさい

入所費用について

以下の費用が必要となります。
  • ・介護保険料
  • ・室料
  • ・水道光熱費
  • ・入所契約書
  • ・入所保証金(退居時、居室の原状復帰費用を差し引いて清算いたします。)
主な行事

お花見…郊外へでかけ桜めぐり

春祭り…町内会獅子舞や御神輿

バスハイク…郊外へお出かけ

外食…近辺のレストランや食堂などへ出かける

夕涼み会

敬老会

秋・冬の運動会

クリスマス会

新春ゲーム大会…福笑いやゲームなど

利用開始にあたって
要支援・要介護の必要なサービスを受けるのは事前の介護認定が必要になります。
詳細については、当施設またはお近くの地域包括支援センター、介護支援専門員、もしくは市町村の担当窓口にお問い合わせ下さい。

ご利用の対象となる方

要支援2~要介護5の認定を受けた方で、認知症の診断をされた方
※認定調査で要支援1になると対象外となります。
※全館禁煙にて喫煙はお断りしております。
問い合わせ先
認知症対応型共同生活介護事業所 グループホーム城南
富山市太郎丸西町1-7-2
TEL: 076-420-6335
FAX: 076-420-6373
施設のサービス
 
TOP
 
TOP